お問い合わせフリーダイヤル
0120-847-881
VR STORY works(ストリートビュー(屋内版)導入例と基本料金)

ストリートビュー(屋内版)の制作と基本料金

撮影方法

Googleストリートビュー(屋内版) 導入例と撮影方法

野外撮影は、上記のような乗り物や人など、動くものに全天球型のカメラを取り付けて撮影を行います。
撮影したパノラマ写真は、ある程度自動で360°に自動生成され、Google Maps上に公開されます。動きながらの撮影、自動編集、この影響で公開されたパノラマ写真にズレや歪み、ボケが発生してしまうことが難点。
一方Googleストリートビュー(屋内版)は、Googleの厳しい撮影研修を受けた技術者がカメラを固定して撮影しますので、パノラマ写真にズレや歪み、ボケが発生してしまうことがあまりなく、その点ではメリットになると思います。


撮影基準

まず、Googleストリートビュー(屋内版)を導入する際、撮影方法やポイント数には決まりがあります。その決まりに沿って料金も変わってきます。簡単ではございますが撮影方法や金額などをご説明いたします。
また、Googleストリートビュー(屋内版)は、まるでその空間に自分が入り込んでいるかのように、室内を360°パノラマで見渡すことができますので、お客様に御社の魅力や安心感を伝える事が出来るサービスです。
「Google検索」「Googleマップ」「Googleプラス」などの各種サービスと連動していますので、より効果的な情報を発信をすることが可能になります。
※ご自身のHP、ブログ、SNSにも簡単に導入(使用)することが可能です。

Googleストリートビュー(屋内版) 撮影基準
Googleストリートビュー(屋内版) 導入例と基本料金 重要ポイント

※撮影ポイントにつきましては、何点かGoogleが定めております世界基準に基づいて撮影を行わないといけないという決まりがございます。
もし、このGoogleが定めた世界基準に従って撮影を行っていない場合には、Googleが行う「クオリティチェック(審査)」に通らない場合がございます。
だからこそGoogleストリートビュー(屋内版)の導入をすることによって、間違いのない効果を発揮するのです。


基本料金

撮影ポイント数
1P~15P(基本ポイント)
撮影ポイント金額
Googleストリートビュー(屋内版) 撮影ポイント金額 契約料
契約料
Googleストリートビュー(屋内版) 撮影ポイント金額 制作料
制作料
Googleストリートビュー(屋内版) 撮影ポイント金額 撮影料
撮影料
月々の掲載料や利用料など一切かかりません!
最初の撮影時のみ有料にはなりますが、Googleマップに掲載された後は、維持費やその他の費用は一切必要ありませんので、SEO対策などに費用をかけるより経済的にも大きなメリットがあります。
料金に関して疑問や質問がございましたら、弊社お問い合わせまたは担当者などにお気軽にご質問下さい。

ご掲載までの流れ

お問い合わせとリスティング

撮影する現場や平面図などを見ながら、お客様のご要望などをヒアリングします。まずはお電話かメールフォームにてお気軽にお問い合わせ下さい。

▲お問い合わせはコチラ

お見積り

お客様のご都合に合わせて、打ち合わせやお見積もりをいたします。
見積基準は「撮影ポイント数」で変動します。
(※Googleの世界基準で見積もりしますので、全世界共通です。)

お申し込みと撮影日の決定

お申し込みをいただいてから、撮影日などを調整いたします。
もちろん撮影日はお客様のご希望にお応えいたします。(お店の定休日やオープン前などお気軽にご要望下さい。)

撮影

撮影日を調整して、実際に撮影をします。
出来る限り普段のお店の風景を撮影するような形になります。(撮影時間は約2時間ほどいただいております。)

制作と編集作業

撮影した写真をつなぎ合わせパノラマ写真に加工して、導線などを設定する作業を行います。
その際、お客様に何かしていただく事は一切ございません。

納品(掲載開始)

掲載(アップ)を持って納品となります。基本的に撮影から約3週間を目安にお時間をいただいております。
納品されたらすぐに自社ホームページやSNSなどでもPRすることをオススメします。

TOPに戻る